食事と運動にお金をかけて活き活き元気に!
食生活を改善し老化予防!アンチエイジングのコツ教えます。

食生活を改善し老化予防!アンチエイジングのコツ教えます。

食生活を改善し老化予防する方法について深堀りしてみた。高齢化社会が進んだおかげか、一昔前の高齢者と違い、現代の年配者はとても若い。このまま老いを感じずに生きていきたいもの。今回はその方法を深堀りして教えていくぞ。ぜひ参考にしてくれ。

老けたくないならどっちを選ぶのが正解?

老けたくないならどっちを選ぶのが正解?1

老化の原因と言われている物質があるのをご存知だろうか。

老化物質AGEと言われるものだ。

糖化最終生成物(AGE)のことで体内組織に作用し、細胞を劣化させ、多くの病気の原因になるとされる。

このAGEの摂取を避けることで、老化のスピードを抑えることができ、アンチエイジング効果が高まるというわけだ。

アンチエイジングといえばポリフェノールだがこれはどうだろ。

ウイスキーVSワイン

老けたくないならどっちを選ぶのが正解?2お酒の定番で人気の高い2品目。さて、どちらがAGEが少ないのか。

正解はこちら。

ウイスキー。

ポリフェノールが豊富だとかでワインの方が健康に良さそうだが、AGEとなると話しは別だ。もしワインを選択する場合は、少量で嗜む程度にとどめよう。

 

ベーグルVSフレンチトースト

老けたくないならどっちを選ぶのが正解?3ワインのお供といったら、パンだが、この場合はどうだろう。

正解はこちら。

ベーグル。

フレンチトーストの場合、卵や砂糖、バターなどの調味料系が付随しておりカロリー面でも劣悪。

対して、ベーグルは、低脂質で高タンパク。

もちもちした食感とそのボリュームでお腹も膨れるため

トレーニーには最高の食材だ。

 

目玉焼きVSスクランブルエッグ

老けたくないならどっちを選ぶのが正解?4卵が登場したので卵料理を見てみよう。どちらかわかるかな。

正解はこちら。

スクランブルエッグ。

いずれも加熱した料理だけに難しかったと思う。が、ポイントは加熱時間だ。目玉焼きはスクランブルエッグに比べて加熱時間が長く、糖化する要因が高くなる。そのため目玉焼きだとAGEが高くなるのだ。

 

ポテトチップスVSポップコーン

老けたくないならどっちを選ぶのが正解?4これは簡単かもしれない。

正解はこちら。

ポテトチップス。

調理工程を考えればわかるだろう。高温で糖分を含んだポテトを揚げているのだから、AGEは増える。

一方、ポップコーンは比較的に加熱時間が短いため軍配があがった。

 

焼き魚VS生の刺し身

老けたくないならどっちを選ぶのが正解?6これも調理工程を考えよう。

正解はこちら。

生の刺し身。AGEの摂取を抑えたければ、生で食べれる食材はそのまま食べられるのが一番だ。

焼き魚をもし食べる場合は、コゲを避けるようにしよう。

コゲ=AGEであるから回避することをおすすめする。

 

唐揚げVS蒸した鶏肉

老けたくないならどっちを選ぶのが正解?7正解はこちら。

蒸した鶏肉

これも刺し身と同じ理由だ。唐揚げはポテトチップスと同様に高温で揚げている。回避すべき調理法だ。

 

調理法によるAGEの関係。

老けたくないならどっちを選ぶのが正解?8ここまで読んでお気づきになっただろうか。

実は調理方法で老化物質AGEの生成度合いが変わるのだ。

調理法と老化物質AGEの関係

生<蒸す<煮る<炒める<焼く<揚げる

この順番でAGEが増す。

ふくまる

食べるなら、生に近い方が良いということですね。

 

まとめ

同じ食材でも食べ方一つ(調理方法)で、アンチエイジング効果が高まる。

毎日知らず知らずに摂取していたとは思うが、

栄養面やカロリー面の捉え方にプラスして、今後食生活を見直してほしい。

 

「どうしても揚げ物が食べたい」

という場合は仕方ないが

できるだけ老化物資AGEにも着目しよう。

くすりやサプリメントにお金をかけるだけが健康維持ではない。

有害なものを始めから排除していく事も美ボディ作りには大切だ。

低カロリーを意識すると

自然と低AGE食にもなる傾向が強いため

あまり難しく考えず、できるところから取り入れていこう。

 

 

食生活を改善し老化予防!アンチエイジングのコツ教えます。
最新情報をチェックしよう!
スポンサー