食事と運動にお金をかけて活き活き元気に!
フォーマルとカジュアルの違い、答えられますか?アイテムごとに解説。

フォーマルとカジュアルの違い、答えられますか?アイテムごとに解説。

オシャレな着こなしを考える際、フォーマルとカジュアルの違いを意識する必要がある。小物アイテムごとにそれぞれ解説してみた。少しでもオシャレな着こなしをしたい方は参考にしてみてください。

 

フォーマルとカジュアルの違い、答えられますか?アイテムごとに解説。

全体のコーディネートの中で、フォーマル度合い(カジュアル度合い)をコントロールすることで、グッとオシャレ感が増し、統一感が生まれる。

また、公式の場などではマナーや教養を推し量ることもできる考え方だけに、知っておきたい。以下、アイテムごとに見ていこう。

靴のフォーマル度

社会人と学生の身なりで大きく違うのが、靴。特に社会人になると革靴を履く場面が多くなる。

足元は、もっとも目がいく箇所でもあり、その人となりが表現されやすい

ビジネスシーン、オフシーン、冠婚葬祭など公式な場などで、それぞれ場をわきまえたものを履くのが大切。

革靴は、形やデザインでフォーマル度合いが変わっってくるのが特徴

故に、デザイン見た目ですぐに判断されるのでしっかりとその違いをおさえよう。

「内羽根式」がフォーマル度が高く、「外羽根式」はカジュアル寄り。

まず革靴のデザインには2つのパターンが有る。

通常、木型にあてて作られ、つま先の「トゥ」と呼ばれる部分と「羽根」と呼ばれる靴紐を通す部分の組み合わせで異なる。

 

内羽根式

靴紐を通す「羽根」が、靴の甲の革の下に入るようになっているタイプ。靴紐をしめたときに「羽根」がピッタリと閉まるのが特徴。

 

 

外羽根式

「羽根」が外側についており、閉じきらず、割とゆったり目な印象だ。ビジネスシーンではこちらでも多くの場合は構わない。

 

最も迷うのは、頻度も少ない非日常な公式の場面。よってここからは、フォーマル度合いを見ていくため「内羽根式」を前提として並べていく事にしよう。

ストレートチップ(フォーマル度:MAX)

「内羽根式のストレートチップ」=フォーマル度MAX!

通常のビジネススーツに合わせても、なんら失礼に当たる要素は一切ない。正礼装のモーニングコートにも合わせることがデキる。最も格式高くフォーマル。

よそ行きだけにあまり低価格なものは避けよう。

昔、お金がなくて2万円以下の安いモノを買ったが、2度ほど履いて底がもげて壊れてしまった。

正直驚いたが、靴は安いものだとすぐに壊れて使い物にならなくなる。

大事な場面で失態しないためにもある程度の価格帯のもを選ぶことをおすすめする。「安物銭失い」は靴に大きく当てはまる言葉だ

ふくまる
絶対に1足は持っておくべき必須のアイテムです。色は黒がドレッシーでベスト!冠婚葬祭でも迷ったらこれさえ履いておけば大丈夫です。

セミブローグ(フォーマル度:中)

Loake ローク 革靴 ビジネス メンズ F 3E 201 L1 セミブローグ 革靴 メンズ シューズ ストレートチップ メダリオン シューズ 革靴 メンズ ギフト

デザインが少し施されていてカジュアル要素が増す気もするが、品格があるデザインとされる。

ゆえに、あまり格式高きシーンではないのならば、フォーマルでもOKな一足。

ふくまる
紹介しているのは英国イギリスの老舗名門ブランド『チャーチ(Church’s)』。映画「007」でジェームズ・ボンドが着用した事でも有名。一生モノという本格派にこだわる方にはおすすめです♪

フルブローグ(フォーマル度:小)

スーツだけではなく、デニムといったカジュアルスタイルにも履くことがデキる一足。

少しデザインが大胆で遊びがありつつもエレガントさを感じられる。

パーティスタイルに合わせてもOK!

ふくまる
個人的に最も好きなデザイン。自分の場合は、ビジネスシーンよりも、社の懇親会といったカジュアルなパーティに好んで履いていく事が多いです♪人ともかぶりにくくて、オシャレを堪能出来ますよ!

 

プレーントゥ(カジュアル)

こちらは「内羽根式」ではなく、「外羽根式」に多いデザイン。

仮に「内羽根式」であってもフォーマルは避けるべきだと考える。

失態を避けるという意味でも、やはりカジュアルに履きこなそう。

 

 

時計のフォーマル度

時計もあまりこだわりがない人は、適当につけていて損をしていることも多いアイテムの一つ。ただ、本来オシャレをできるようそが少ないビジネスシーンで、公にも許されているのが、時計。

オシャレに限らず、社会的なステータス性をも示すアイテムだけに無頓着なままいくのは今日でおさらば。しっかりと知識をつけて、デキるメンズというアピールを堂々とするべき部分だ。

革ベルト・三針タイプ(フォーマル度:高)

最も飽きのこないオーソドックスな三針タイプが基本中の基本。

シンプルなデザインなだけにどんなシーンにも合う。

文字盤は白色がよりおすすめ♪実用的な価格帯のものから、ステータス性を示すブランドものまで、必ずと行っていいほど用意されているスタイルだけに、自分のこだわりを表現し、一生モノを手に入れよう。

 

ステンレス、三針タイプ(フォーマル度:高)

こちらはベルトがステンレス製になったバーション。当然フォーマルな場面でも身につけられる。

夏場などは革ベルトでは汗ばんでしまうことから、高級時計などは革ベルトとセットでステンレスベルトも用意されている。

季節感に合わせてチェンジするのもOK!

 

ヴィンテージ、アンティーク時計(フォーマル度:中)

ブランドやものによるところが大きいと思うが、しっかりと選べばフォーマルにも十分使えるものもある。相手が時計好きなら会話もはずみ、注目も集めやすいだろう。

 

ラバーベルト・デジタルタイプ(カジュアル度:高)

スマートウォッチやデジタルな文字盤は、フォーマルな場面にはそぐわない。

デニムやTシャツなどスポーティーでカジュアルな場面の方が良く似合うため、そういったシーンに使うようにしよう。

デザイン性のあるベルトやフェイス(カジュアル度:高)

デザイン性が高い時計はビジネスシーンや格式高い場面にはなかなか似合わない。いくら高級時計であっても場をわきまえるようにするのが大切だ。

まとめ

ビジネススタイルでは、その人の経済状況に応じた価格帯のものを身につけるようになるために、小物アイテムでは、そのブランドや素材、デザインに目が自然と向くようになる。

バリエーションも多彩なだけに、その人物の趣味嗜好、好み、生き方までも表現されているといっても過言ではない。

これまで特に意識しなかった人は、ぜひこだわって欲しい。

デキるメンズたちは、必ずといっていいほどアイテムにこだわっている。

それだけに、そのアイテムについて話題を降るととたんに話し出す人も多い。

無頓着な人はずっと無頓着なまま生き、詳しい人同士の会話へ入っていくことはなかなか出来ない。

自分は、なにかの節目にご褒美がてら買いましてきたが、

一種の自己投資として考えて、ビジネスチャンスを掴む意味で購入するのも間違いないはない。

中途半端なモノを複数買うくらいなら、しっかりとお金とオシャレにちなんだ知識・教養を広げて、一生モノを買う。

そして、そういう話への話題性の幅を広げておくというのが、生きたお金の使い方ではないかなと思う。

 



フォーマルとカジュアルの違い、答えられますか?アイテムごとに解説。
最新情報をチェックしよう!
スポンサー