食事と運動にお金をかけて活き活き元気に!
太りにくい食事と栄養バランスはこれだ。

太りにくい食事と栄養バランスはこれだ。

太りにくい食事と栄養バランスを知っているだろうか。

毎日の食事内容と栄養をバランスを意識するだけで

ずいぶんと体質改善をはかることができる。

カラダは食べたもので出来上がっているだけに

食事の内容を意識することは美ボディ作りには重要だ。

参考にしてほしい。

 

太りにくい食事と栄養バランスはこれだ。

太りにくい=燃えやすい

つまり燃費が悪いカラダを創り上げること。

そのための食事にはいくつかコツがある。

低GIを意識する。

脂肪を燃焼させてうまく太りにくい体質を作るには

食事のGI値を意識しよう。

食後血糖値の上昇を示す指標。Glycemic Indexの略。
食品に含まれる糖質の吸収度合いを示し、摂取2時間までの血液中の糖濃度を計ったもの。
GI値の目安区分
70以上高GI
56~69中GI
55以下低GI
ふくまる
積極的に狙うべきは低GI食品です。

血糖値の上昇がゆるやかな低GI食品を

意識的にチョイスするとエネルギー源

となる糖質が血中に大量に存在する状態を回避できる。

そうすることで脂肪酸の利用度合いを高める事に

つながるので脂肪燃焼しやすい体質となり、

結果太りにくいカラダとなっていく。

さらに低GI食を食べると、満腹感が持続するため

空腹時に間食してしまうリスクも減らせるのだ。

 

また

血糖値が急激に上昇したあと、使い切れない糖分は

脂肪へと変わり、体内に貯蔵される。

その際に働くホルモンがインスリンだ。

血糖値を下げる唯一のホルモン。血糖値の上昇にあわせて分泌され、血中の糖質を細胞内に取り込む働きがある。
細胞内に取り込まれた糖質は最終的に脂肪となる。

ということは、血糖値をあげる高GIの食品を

摂取し続けていると、脂質よりも糖質が優先的に

エネルギー消費にあてられて脂肪が燃えにくくなる。

さらに体内に蓄積されるわけだから

どんなに動いてもなかなかダイエット効果が

得られず、モチベーションも下がり悪循環となってしまう。

ふくまる
血糖値を意識した食事の摂り方が美ボディ・ダイエットの成功において重要なのがよくわかりますね。

3大栄養素のバランスも意識する。

低GI食品を意識するというのは3大栄養素のうち

糖質を意識するということだったが、

他の栄養素はどうなのかみてみよう。

タンパク質と脂質は糖質より多くてもいい。

糖質を低GI食品で摂取する場合、タンパク質と脂質は

それより多くても大丈夫だ。糖質を1とするならば

脂質は2倍、タンパク質は3倍程度で構わない。

なぜなら血糖値が上昇しにくく

糖質由来のエネルギーが少ないために

その分タンパク質と脂質が利用される。

特にタンパク質は貯蔵ができない。

エネルギーとして使われていくと

筋肥大に必要な分が枯渇してしまう。

そもそも美ボディ作りのためにも

体重数の2倍g数は必要とされるわけだから

積極的に摂取したい栄養素だ。

 

脂質は質のこだわろう。不飽和脂肪酸を摂取すべし!

脂質は、良質な油にこだわり摂取しよう。

 

特に不飽和脂肪酸と呼ばれる油は

血中のコレステロール低下、中性脂肪(TG)

の調整などが期待できる。

 

脂質は成長ホルモンや美容などにも影響する栄養素。

摂取不足にならないように適切な量とその質にはこだわろう。

量は多くても体重値のg数まで。

理想は0.7倍程度が望ましいが1倍でも許容範囲だ。

体重60kgのヒトは脂質60gまでとなる。

あとは運動量や減量なのか維持なのか、

目的次第で上手に調整していこう。

まとめ

太りにくい食事に大切なのは

糖質のGI値に着目すること。

低GI食品を摂取すれば血糖値の急激な上昇を

抑えることが可能となる。

インスリンの分泌も抑えることにつながり

糖質が脂肪へ変換されることも抑制できるので

結果太りにくくなるのだ。

また低GI食品は腹持ちもいい。

食べすぎを抑制できるし一石二鳥だ。

タンパク質と脂質は量と質にこだわろう。

体内の栄養素の動きや働きを意識して

栄養バランスを考えることで

より健康的な毎日を過ごすことができる。

運動効果も実感しやすくなり、

間違いなく成功を手繰り寄せることになるはずだ。

あわせて読みたい!

関連記事

老化を防止したい気持ちは誰にでもあるだろう。実は老化を防止するカギは脂肪にあった。脂肪から産生されるアディポネクチン。ダイエットの大敵ある脂肪だが、脂肪が減ってこのアディポネクチンの産生が減ると、返ってカラダの不調をきたす。ではどうすればい[…]

40代からのダイエット!老化防止には食事に注目しよう!【アディポネクチンを増やす方法】
太りにくい食事と栄養バランスはこれだ。
最新情報をチェックしよう!
スポンサー