食事と運動にお金をかけて活き活き元気に!
筋トレを継続させる秘訣!モチベーション管理のコツ!

筋トレを継続させる秘訣!モチベーション管理のコツ10個!

筋トレで何が一番ムズいかって、やっぱり筋トレを継続させること。今回は筋トレを継続させる秘訣としてモチベーション管理のコツを公開します。参考にしてくださいね。

筋トレを継続させる秘訣!モチベーション管理のコツ!

ものごとをいかに継続させることが難しいか。

これは筋トレに限ったことではありませんね。

それでもトレーニングはコツさえ掴めば

ほかのものごとより継続しやすいジャンルの一つです。

 

「えぇー!それはない」

と声が聞こえてきそうですが、これから具体的にコツを

お教えしますのでやってみてください。

コツ1:数値化する!

人は見た目が大切とよく言いますが、

ダイエットや筋トレにおいては見た目だけでは不十分です。

体重やウエストを始めとする全身を可能な限り数値化しましょう。

数値化することで次の効果が生まれます。

  1. 成果がはっきりする
  2. 経過・進捗がわかる
  3. データが残る

よくダイエット番組ではやる前とやった後で計測しますよね。

あれってここでいう数値化のコツを使っています。

「マイナス5cm」という成果に注目集まりがちですが

その成果以外にも、体重や食事の経過を追ったり

データが残っているのでビフォー・アフターを

カンタンに振り返ることが出来ています!

全身の数値化を行ってみましょう。

筋トレ・ダイエットの成果がわかりやすくなり、

モチベーションが高まります!

以下全部はやらなくてもよいのですが、可能な限り細かい方が後々良いです。

ピックアップして測定してみましょう!

 

測定日年 月 日
年齢
体重cm
cm
cm
前腕cm
上腕二頭筋cm
cm
ウエストcm
腹部cm
臀部cm
大腿cm
ふくらはぎcm
手首cm
身長cm

 

また、食べたものを記録することもオススメです。

ノートとペンで記録してもOKですし、

写真でその日食べたものを撮影しておくだけでもOK。

アプリなんかを活用するのもアリですね。

自分にあった方法で記録する習慣を身につけましょう。

コツ2:達成できる目標を決める。

ダイエット番組以外のビジネスでも数値化は重要なテクニック。

なんでも見える化しておくことで、ヒトはより意識します。

ダイエットや筋トレにおいては、目標を定めやすくなります。

現実的ではない目標は立てても意味なし!

「よく高い目標を掲げるべきだ」

という意見がありますが、筋トレやダイエットにおいて

それは当てはまりません。

なぜかというと、身体の成長速度に限りがあるからです。

たとえば

「1ヶ月でウサイン・ボルトを超える速さで走る!」

「1周間で10kg痩せる」

「3日でベンチプレス200kg持ち上げる」

 

こういった目標は土台無理なのでNGです。

達成できない日々が続くだけでストレスとなり

マイナス面だけが残ってしまいます。

結果、どんどんやる気が削がれていきモチベーションが低下します。

 

  1. 達成できる目標を決める
  2. カンタンにできるから継続できる
  3. クリアしたら目標をあげる
  4. それをクリアするとさらに自信になる

このように良い循環を目指して、適切な目標を設定しましょう!

 

コツ3:ルーチンを日常生活に落とし込む!

数値化し、適切な目標を決めたら今度は

いかに継続させる仕組みを創り上げるかにフォーカスしましょう。

「え?日常生活におとしこむの?」

 

たいていの人間は、普段やっていない事は続きません。

筋トレやダイエットは、どうしても自分に負荷を与える

側面がある以上、余計に抵抗する自分が生まれます。

ですので、

日常生活にルーチンとして行為を落とし込むことで

その抵抗する自分を減らすべきなのです。

 

ルーチン化しやすいパターン例

会社帰りにジムに通う!
毎日決まった時間を作れるヒトは、ジムに通う習慣がオススメ!
環境を整えることで、モチベーションが高まります!
私も「仕事が終わったら筋トレだろ」という習慣を
創り上げることに成功しました。
職場の人たちは、ストイックすぎるとの評判でしたが
一度このルーチンを組み込んでしまえば
傍から見るよりも、全然きつくもないしジムのスパ・シャワー等
設備を使って帰れたので、その分光熱費も浮きます。
トレーニー仲間ができるのもジムのメリットですね!
週末のヨガ教室、ジム、プールに通う!
休みが週末というように決まっている場合は、逆に毎日が忙しいはずです。
ですから、そういう方は週末だけ通えるヨガ教室などを使いましょう。
ジムだと週末限定・週1回利用者向けの会員制度などを用意しているところも増えています。積極的に活用しましょう。
市営プールやジムなども選択肢の一つです。安く利用出来るのでオススメです!
朝活として、ホームトレーニングを行う!
仕事や付き合い等で帰りが遅くなりがちなヒトは疲労も溜まっています。
その状態でトレーニングしても効果は薄いため、
翌朝元気がある状態にして朝活で運動習慣を組み込むようにしましょう!
軽いジョギングやホームトレーニングなどは自分で距離や時間を決めれるので
忙しい朝でもさくっと手軽にできるのでオススメです!
眠気覚ましにもなり、リフレッシュ効果も期待できますよ!

コツ4:音楽のチカラを活用する!

筋トレや運動時に好きな音楽を聞いて行うことで

モチベーションが高まります。

どうしても、トレーニングは単調になりがち。

人によっては飽きたりする場合もあるのです。

そこで好きな音楽を聴きながらトレーニングをすることをオススメします!

 

コツ5:トレーニング日記をつける!

コツ1で述べた身体の記録をつけて測定していく方法のほかに

トレーニング日記もかなり効果的です!

なぜなら体力やパワーなどの成長が如実に実感できるから!

例えば、ベンチプレス、デッドリフトの重さや回数だったり

トレッドミルの距離や時間数などはわかりやすいのでオススメです!

こちらもコツ1と同様に、できるだけ細かく記録をしましょう。

ダイエットや筋トレは必ず停滞期がきます。

そのとき、もし体重や重さばかりに目をむけていると

成長伸びを実感できずにめげてしまいます。

でも、経過日数や身体のサイズなど細かく記録していることで

進歩を自覚することができ、挫折を防止することができるのです。

 

また、

『感情・気持ち・考え・ひらめき・意見』なども

記録するようにしましょう。そのときに感じたことは

そのまま貴重な【ダイエット・筋トレ日記】になります。

 

振り返った時に

「あー、あのときこう感じていたのか」

「同じトレーニング内容だけど先週は残業疲れあったのか」

など気づきがあったり、進捗を再確認することにつながります。

コツ6:トレーニング仲間を見つける!

ジムやヨガ教室に通い始めると、共通の意識や目的の仲間が大勢います。

友人と待ち合わせしたりして通っている方もいますが、

多くの方は、個人で来ているので話かけやすいと思います。

ただし、相手が種目に集中しているときは、やめましょう

ただのジャマなやつになってしまいます。

休憩中や一段落した時を見計らい、声をかけてみるのと良いです。

ウエイトコーナーの場合は、フォームの確認や補助

マシンなどは使い方などに戸惑っている方もよくいますので

使い方を教えたりすると、それをきっかけすることもできます。

 

ホームトレーニーはYOUTUBEを活用!

ジムやヨガ教室などの環境がない場合は、YOUTUBEを使いましょう。

筋トレユーチューバーが昔に比べて多くなっています。

初心者向けだったり、女性トレーニー、フィジーク選手のプロなど幅広くチャンネルが存在しますので、お好きな方を選んで登録しちゃいましょう。

特に外国人のチャンネルは男女ともカッコよくてモチベーションが高まります!

さらに、種目の勉強にもなるので一石二鳥です!

 

コツ7:服装にこだわる!

なんでもカタチから入るというのは効果的です!

ダイエット・筋トレの場合は、

きちんとトレーニングウエアーを買いましょう。

専用のトレーニングウエアーを用意することで

やる気が目に見えるとカタチになります。

そしてトレーニングウエアに袖を通すことで

自分の気持ちが引き締まり、

自然とトレーニングモードに入る事ができるでしょう。

 

コツ2の目標達成のご褒美にするのも効果的!

コツ2で達成可能な目標を設定していますから、

もしその目標達成をしたときには、

ぜひトレーニングウエアを頑張った自分にご褒美しちゃいましょう!

  1. 自ら決めた目標を見事に達成した!
  2. 自分のほしいトレーニングウエアをご褒美する
  3. 新たなウエアを身にまとい、さらにトレーニングに励んでいく

見事に良い循環が生まれます!

モチベーションも高まりますし、スタイルもどんどん良くなります!

身も心も前向きに元気になるのでぜひ試してください!おすすめですよ!

 

コツ8:理想像をイメージする!

こうなりたい!

という理想像が必ずあるはずです。

そのイメージを可能な限り具体的にしましょう。

憧れのスタイルや人物がいるなら、そのヒトをフォローしたり

画像やポスターなどを目に入るところに飾りましょう。

 

イメージしたものに自分の思考は引っ張られ、

それは強いモチベーションを生み出します!

 

コツ9:思い切って休みをとる!

ダイエット・筋トレは結構しんどい事もあるために

あまりにストイックすぎると

身体に疲労とストレスがたまってしまいます。

ですから、やりすぎないようにしましょう。

有効なのは、休みを必ず設けること!

筋トレのメニューにもよりますが、

最低でも週に1日はトレーニングしない日を作ってください。

積極的休養日
これをきちんととることで、次の日からリフレッシュして
トレーニングにうつることができます!

コツ10:チートデイを必ず設ける!

チートデイとは、カロリーオーバーをする日という意味。
ダイエットや減量となると、食べたいものを我慢しています。
その状態がずっと続くと体重の減り具合がなくなります。
いわゆる停滞期ですね。
これをさける目的でチートデイをよくつくるのです。
停滞期は、体重だけに限らず、
種目の重さや回数が追い込めなかったり
精神的なストレスがたまるという悪影響をもたらします。
チートデイは、そのストレスを開放にも効果的です!
栄養不足だった筋肉への栄養補給にもなり
それで重さや回数が上がることにもつながります。
ですから
ダイエット=『ずっとカロリーオフで行く』
というのだけはやめてください。
週に1日はチートデイを作るようにしましょう!

まとめ

筋トレを継続させる秘訣として、10個のコツを語ってみました。
参考にできそうな部分があれば、嬉しいです。
ダイエットも筋トレも、最大の壁は『継続』です。
継続していくためには、モチベーション管理が重要です。
一見たいした事がないと思うかもしれませんが、
自分との対話をしていく要素がダイエット・筋トレには強いため
折れそうになったり、怠けそうになった場合は
今回のコツを活用してほしいと思います。
筋トレを継続させる秘訣!モチベーション管理のコツ!
最新情報をチェックしよう!
スポンサー