食事と運動にお金をかけて活き活き元気に!
肌トラブルの予防と対策法を伝授。

肌トラブルの予防と対策法を伝授。

肌トラブルは、ある日突然やってくる。もともと起こしやすい肌質の人もそうでない人も日頃からの予防と万が一肌トラブルが起きてしまった時の対策法を知っておくことで健康で丈夫な肌を維持できる。ぜひ知っておこう。

肌トラブルの予防と対策法を伝授。

肌トラブルがよく起こる人の共通点は栄養の偏り。

栄養バランスが乱れていると、皮膚を始めとする

カラダの細胞生成の材料も不足している可能性がある。

肌トラブルを根治・予防したければ、

日頃の食事内容を振り返ろう。

タンパク質の摂取を意識する。

筋トレでも美ボディダイエットでも

タンパク質の摂取は重要なのだが

肌トラブル対策としても同様のことが言える。

タンパク質は健康的なカラダを創り上げる上で、欠かすことが出来ない栄養素。特に必須アミノ酸は生体内で作り出すことができないため食事やサプリメントからの摂取が必要となる。
ふくまる
タンパク質不足では、肌が乾燥したり、ハリやツヤもなくなります。

現代の食事は、糖質と脂質メインの食事ばかり。

意識的にタンパク質の摂取しないと

ほぼ不足すると思って間違いないだろう。

特にトレーニング習慣がある場合は尚更だ。

不足しなくても吸収速度なども考慮するとなると

プロテインを活用する事も必要となってくる。

食生活の見直しをしつつ、効果的なタンパク質の

摂取が意識しにくい場合は、

朝1杯のプロテインを取り入れよう。

必須脂肪酸の摂取を意識する。

夏場の肌トラブルの一つとして多いのは実は乾燥肌だ。

もともと乾燥肌のヒトも含め、

脂肪(必須脂肪酸)の摂取を意識してみよう。

体内で合成されないので、食事やサプリメントから摂取するしかない栄養素。不足すると乾燥肌や皮膚のバリア機能の低下を招く。

ダイエット時ならばできるだけ減らしたいのが油だが

不足し過ぎもよろしくない。

特に必須脂肪酸は皮膚や膜、ホルモンなど

カラダを健康的に保つために欠かせない。

ナッツや魚などから良質な脂質の摂取を心がけよう。

ふくまる
肌の質やホルモン状態などにも影響するため、脂質というのは特にこだわってほしい栄養素の一つです。

 

ビタミンCとビタミンA

肌トラブルの中で、シミやそばかすなどを

増やしたくない場合は、ビタミンCを毎日摂取しよう。

シミやそばかすの原因となるメラニン色素。

その増加と吸着を抑制し抵抗力も高めてくれる。

コラーゲン生成にも関与するため肌のハリにもつながるぞ。

ふくまる

ビタミンCは皮膚科でも処方されるくらい重要な栄養素です。水溶性のため過剰な分は尿として排出されるので少し多めに摂取しましょう。

ビタミンAは皮脂腺の機能を改善してくれる栄養素。

肌に潤いをもたらす事で有名だ。

不足すると角質層が分厚くなり肌荒れにつながる。

緑黄色野菜に多く含有されているので

野菜を積極的に食べていこう。

ビタミンAは主にβカロテンとして摂取される。体内で必要分だけビタミンAに変換され、皮膚や粘膜の健康維持に使われている。余分なβカロテンはそのまま抗酸化作用や免疫賦活作用を発揮する。
ふくまる
ビタミンAはCと異なり、脂溶性。摂取しすぎは過剰症を招きます。サプリメントを利用する場合は、摂取量を守ってくださいね。

ニキビ・吹き出物なら腸内環境に着目せよ。

ニキビ・吹き出物などの肌トラブルに対する

予防・対策法としては『腸内環境』に注目するとよい。

意外と思うかもしれないが、その手の

肌トラブルの原因が便秘である事が多いためだ。

女性はもともと便秘がちなヒトが多い上、

ダイエットや美ボディメイクを行っていると

より便秘がちになる。原因が便秘にあるとなると

皮膚へ直接行う対策法だけでは根治はできない。

便秘を解消させる食事と栄養素

代表的なものは次の3つだ。

  1. 食物繊維
  2. 乳酸菌
  3. 水分

食物繊維

便秘に野菜の重要性はよく知られたこと。

にもかかわらず我々は

なかなか野菜の摂取が満足にできない。

したがって、野菜だけじゃなく、穀類や果物なども

活用し摂取するように心がけよう。

ふくまる
理想は毎食時に小鉢2杯分の食物繊維はほしいところです。豆や海藻も活用しましょう。

乳酸菌

腸内環境は乳酸菌のバランスに左右される。

良質な乳酸菌を日頃から摂取している事が

よりよい腸内環境を作る上で重要だ。

筋トレやダイエット目的でタンパク質を

意識的に摂取するようになると副作用としても

便秘がちになる。その予防目的でも乳酸菌は欠かせない。

ふくまる
整腸作用と庁の蠕動運動を促すので、ぜひ毎日摂取しよう。

水分

意外かもしれないが、水分量が足りないために

便が固くなり排便が思うように出来ないケースも多い。

特に夏場は発汗したりして不足する。

また年齢を重ねていくと体内に保持できる

水分量自体も減っていくために

外からこまめに摂取する必要性がデてくるのだ。

「ノドが乾いてから飲む」というのではなく

時間帯を決めるなどして体感する前に摂取しよう。

ふくまる
水意外にも、コーヒー、紅茶、牛乳なども水分補給の対象になるので、気分にあわせて利用するのもおすすめですね。

まとめ

肌トラブルは起きる前は他人事なのだが

実際に起きてしまうと大変厄介になる。

今回は乾燥やニキビ・吹き出物をメインに

取り扱ったが、日焼けや炎症しているものでは

また予防や対処法が違ってくる。

しっかりと区別した上で、それぞれ適切な対応が

とれるよう勉強していこう。

自分のカラダと一生付き合っていくのは自分自身。

特に健康は失うと元には戻れない恐れだってある。

肌トラブルに強い肌をつくり、健康に過ごしていこう。

肌トラブルの予防と対策法を伝授。
最新情報をチェックしよう!
スポンサー