食事と運動にお金をかけて活き活き元気に!
夏場の悩み、汗かき。おすすめの対処法を教えます。

夏場の悩み、汗かき。おすすめの対処法を教えます。

夏場の悩み、汗かき。筋トレや運動中は仕方ないにしても、仕事や通勤・通学中に汗ダラダラたれているのは、なんとも嫌なもの。加えて臭いなどにも気を配らないといけず、それだけでもまた冷や汗モノだ。今回は汗に関する悩みに対しての対策方をお伝えしようと思う。ぜひ読んでほしい。

 

汗は体温調節するため欠かせない

カラダの機能の一つだが、

ベタベタ・ダラダラ汗をかいている状態で

放置するのは衛生面からも避けたい。

汗を肌に長時間つけておくと

細菌の繁殖にもつながるので

きちんと拭き取るようにしよう。

発汗は保湿じゃない。

汗をかくと皮膚の表面が濡れるため

「保湿効果がある」と思っているヒトがまれにいる。

が、それは大きな間違いだ。

むしろ逆に乾燥肌になる傾向が強くなる。

汗が皮膚から蒸発する際、保湿成分も奪われるためだ。

肌のバリア機能の低下も招くため

よく夏場に肌トラブルが起きやすいのはこのためだ。

汗は放置じゃなくこまめに拭き取ろう!

自然乾燥による蒸発では、保湿成分も失い

肌のバリア機能も低下する。

肌トラブルを未然に防ぐには

汗はこまめに拭き取るのが予防法として大切だ。

汗をかかずに体温調整するには、血液を冷やそう!

体温調整のために発汗するのだが

なるべく汗をかき過ぎないように

カラダを冷やす事も大切だ。

効果的にカラダを冷やすための工夫を教えよう。

それは『血液を冷やす』ということだ。

血液は全身を巡っている。ということは

上手に冷やせば冷たくなった血液が

全身を流れるため体温が下がるというわけだ。

 

首まわり、脇の下、鼠径部、ヒザ裏をアイスノンで冷やす

血液を冷やすのに効果的な部位を覚えておこう。

  • 首(耳ウラ、首筋、鎖骨下)
  • 脇の下
  • 鼠径部
  • ヒザ裏

これらの部位は皮膚が薄く血管がわりと

皮膚の近く(浅い部分)を通っているため

アイスノンや冷えた缶ジュースなどをあてると

またたく間に体感温度が下がっていくのがわかるはずだ。

ふくまる
冷やす面積が小さいのでまわりの目も気にせず冷やすことができるのでおすすめ。

また

どうしても上記の部位を冷やせない状況であれば

手首の内側を冷やすことで代用しよう。

脈が取れるくらいに表面上に血管があるため

流水で冷やすだけでも効果がある。

ただし抹消部位にあたるので

流れている血液量も少なく、全身が冷えるまで

時間がかかるのがデメリットだ。

汗止め方法も伝授。顔から発汗したくないなら脇の下を締めること。

京都の舞妓さんなど、化粧をしたりして

汗をかくことが許されない場面では

こまめに拭き取ることも冷やすことも難しいかもしれない。

そういう場合は、脇の下を締めると汗をかかなくなる。

舞妓さんなどは帯締めなどで胴回りや脇の下を

締め付けているので顔から汗をかくことはない。

女性であれば、ブラジャーを1つ

きつく締めるだけでも効果があるはずだ。

メイクがグチャグチャになることもないだろう。

半側発汗(はんそくはっかん)という身体の片側に圧を加えると反対の片側だけが発汗するカラダの反応を利用している。

制汗剤も活用しよう!

手早くクールダウンさせるには

市販の制汗剤も便利なものが多い。

男女性別ごとにで商品特徴をもたせたり

タオルペーパー、スプレーなどの剤形や

冷却度合い、サラサラ感など使用感の違い

に請求している商品などバリエーションがとにかく豊富。

自分の肌に合う商品も探しやすいだろう。

即効性ならスプレー剤

とにかく最速で冷やしたいならスプレー剤を用いよう。

一吹きしただけでたちまちクールダウンする。

発汗もすぐにおさまるのでタオル代わりに

1本携帯しておくのもオススメだ。

 

大きい面積を冷やすならタオルペーパータイプ

顔やボディ、腕など割と大きい面積を

冷やすならタオルペーバータイプが良い。

もともと顔用、ボディ用のように用途別に

販売されていることもあり、部位によって

冷却度合いに違いももたせている。

ボディ用で顔を拭くと痛かったり、

涙がでてくることもある。使用部位と肌質を

考えて選択するようにしよう。

また、ボディ用は拭き取ったあとでも

折りたたんで脇に挟んでおくと、ほんのり冷えて

体温低下をもたらしてくれる。うまく活用しよう。

ふくまる
海外やスプレーが使えない場面もあるのでペーパータイプは必ず携帯しておきたいですね。

 

汗かきに強いウェア選び

汗かきの原因は、神経過敏や体温調整がうまくいっていない

ことがおおい。特に夏場の暑い時は、

着ている衣類の性質によっても発汗量は左右される。

 

最近は手頃な値段で安くて機能が優秀。さらにおしゃれなものも登場しているので予算にあわせて購入しよう。

ふくまる
発汗対策されていないものだと汗臭さの原因にもつながります。ビジネスシーンでは悪影響をもたらしかねないので、できるだけ機能面から選びましょう。

 

 

まとめ

夏場の悩み、汗かき。自分も汗かき多汗症なので

同じ悩みのヒトがいれば参考になるかなと思って

今回はかいてみた。

汗どめ法とアイテムなどをうまく活用し暑い夏を乗り切ろう。

運動習慣があり、汗を日常的にかく生活をしていると

普段はそんなに汗を大量にかかなくなっていく。

自分と同じ用に多汗症ならば、運動習慣を組み入れるのも

効果のある対策法なのでけんとうしてみてほしい。

 

夏場の悩み、汗かき。おすすめの対処法を教えます。
最新情報をチェックしよう!
スポンサー